アメリカン・グラフィティ

『アメリカン・グラフィティ』は、1973年のアメリカ映画です。

監督、脚本のジョージ・ルーカスは、処女作『THX 1138』の興行的失敗を受け、自身の高校生活をベースに大衆に受ける青春映画の制作に着手し、結果大ヒットした。

低予算で製作されたため「興行的に最も成功した映画」とも言われた。

1960年代のサンフランシスコ郊外のFX 比較町を舞台にしており、アメリカ人の誰もが持つ高校生時代の体験を映像化した作品。

1962年の夏、多くの登場人物が旅立ちを翌日に控えた夕刻から翌朝までの出来事を追うワンナイトものである。

青春時代の甘味なエピソードが、タイトル通り落書き(グラフィティ)のように綴られる。

また、1970年代にヴェトナム戦争以前のアメリカの「楽しい時代」を描いたことにより、戦争のトラウマを別の面から浮かび上がらせたという側面もある。

初公開時のアメリカでのキャッチフレーズは「1962年の夏、あなたはどこにいましたか」。

また、実在のDJ、ウルフマン・ジャックを本人役で登場させている。

全曲が収録されたサウンドトラックも大ヒットし現在も人気が高い。

日本の地上波TV初放映は1980年10月24日放送のフジテレビ『ゴールデン洋画劇場』で、サザンオールスターズの桑田佳祐が初の吹き替えをするので話題になった。

その後放映権はTBS系に移り1984年に深夜特番『ソニー名作洋画ノーカット劇場』で放送。

吹き替え版は2008年12月19日にユニバーサルから「思い出の復刻版」と題しグルコサミンた吹き替え名画の傑作選の第一弾として発売された。

映画も世界的に大ヒットし、この後続篇も製作され、さらに『グリース』、TVドラマ『ハッピーデイズ』、『グローイング・アップ』(イスラエル)など多くの亜流作品を生んだ。

現在も青春時代のエピソードを当時のヒット曲で綴る映画を「アメグラ美白化粧品もの」と表現されることがある。

当時は無名だったリチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワードが、のちのアメリカ映画を代表する大スター・売れっ子監督になっていったのは、よく知られるところである。

公開当時はジョン・ミルナー役でボクサー上がりのポール・ル・マットが一番人気が出るのでは、と言われたが、彼本人の名前よりも役名が浸透してしまい、俳優業から身を退いてしまった。

またサントラに収録された全41曲はルーカス自身の好みで選ばれたものであり、舞台となっている1962年夏の最大のヒット曲だったフォーシーズンズの「シェリー」が入っていないことも一部で話題となった。